京都国立博物館に行った方が良いみたい

京都の東山七条の近く、三十三間堂の前にある京都国立博物館

今海北友松展を行っているんですが、本当にいいみたいですね

私を含めてですが、名前を知らない人も多いでしょう

狩野派で修業をし、60代で開花した桃山時代の絵師なんです

建仁寺にある重要文化財に指定されている竜の絵、誰もが一度は見たことが有るのではないでしょうか

桃山時代なんてそんな裕福な時代でも無かったろうに、やはり大名とか神社とかの権力者がいたから絵が進歩したのでしょう

絵というのは権力の象徴みたいなものだったのかもしれませんね

そして見たこともない竜というものを、想像だけで描いたのもすごいですよね

その絵が現代の竜のイメージになっているのだから、その影響力は大きかったのでしょう

このGWは観光客で京都はいっぱいになるでしょう

でも国立博物館は、金曜と土曜日は夜8時まで開館しているらしいから行きやすいかも

映画を見ることだけがこの連休の予定だったけれど、国立博物館も行ってみるつもりです

子供を授かりたい! そう考えていろんな方法や治療法を試している方も多くいらっしゃいます

人工授精や体外受精、タイミング方法もあるけれどなかなか授からない

そういう方は一度鍼灸を試してみませんか?

鍼灸で妊娠?と疑問に思う事もあるかも知れません

でもこの方法で成功して妊娠できた人が結構いるんです

柏市にあるのですが、院長は本も出版しているほどの実力者

試しに柏 鍼灸で検索してみれば納得できると思います

早い人で1か月という人もいるようです